シミのタイプ別の原因や効果的な予防対策とは?

どうにかしたいシミ・そばかす!タイプ別の原因と効果的な予防対策とは?

 

シミやそばかすって鏡を見るたびに気なったりしますよね。
「これ以上、増えたり目立ったりしないかしら?」なんて考えると不安になってしまうもの。シミやそばかすの改善対策はそう思ったら始めるのが大切です。お手入れの方法や効果的にな食事も合わせてお伝えします。

シミとそばかすって何が違うの?

シミが目立ってきている部分は、紫外線を浴びたメラノサイトがメラニンを過剰生成している状態です。
メラニンは本来、紫外線やさまざまな刺激から細胞を守るために産生されます。従ってメラニンは人間にとってなくてはならない大切なものです。
しかし、何らかの原因で肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)がスムーズにいかなくなり、過剰に作られたメラニンは、ケラチノサイトに滞留すると、色素が沈着し、シミとなります。

ひとくくりにされがちなシミ・そばかすですが、実は異なるものだとご存知でしたか?

またシミにはいくつかのタイプがあり、それぞれ原因も違います。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミの中では比較的多く見られるのがこのタイプです。
直径0.02mm~数cmくらいの大きさで、円状の形が特徴。紫外線に当たりやすい、ほお骨の上や手の甲、腕や肩などに多く見られます。

40代以降に現れることが多いシミですが、紫外線を長年浴び続けてきた人ほどできやすいため、年齢を問わず紫外線対策は欠かせません。また紫外線を浴びると、さらにシミが増えたり濃くなったりします。

肝斑(かんぱん)

30代~40代の女性に多く見られるシミです。
ほほやおでこ周りなどに左右対称に現れ、広範囲に及ぶのが特徴です。

女性ホルモンの影響を受けやすいため、妊娠中に現れることがあります。

また紫外線を浴びるとシミが濃くなったり、範囲が広がったりする場合があります。

そばかす

正式名には「雀卵斑(じゃくらんはん)」といい、遺伝的な要素でできるものを指します。
10mm以下の小さなシミが、鼻の周りを中心に散らばるように現れます。2歳ごろから現れますが、年齢とともに目立たなくなっていくのが特徴。ただし、強い紫外線を浴びると濃くなる場合があります。

シミやそばかすを防ぐ方法は?

常日頃から紫外線を浴びないように日傘やUVカットの洋服やUVケアをして予防することが最も大切です。

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、とくに注意したいのはUV-Aです。

雲や窓ガラスなども通り抜けてしまうため、室内にいる時や曇りの日など、日常生活で気づかぬうちに浴びてしまいがち。(恐ろしいですね^^:)

また肌の深部まで到達してしまうので、肌の弾力やハリを作るためのコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるため、シミだけでなくシワやたるみの原因になります。

UV-Bは肌の表面に強く作用する紫外線です。紫外線の強い夏時期などに時期に大量に浴びると、やけどをしたように肌を赤く炎症させて乾燥の原因にもなります。

天気や季節によって紫外線の強さはありますが、紫外線が降り注がない日はありません。

洗濯物を干す時や近所のコンビニに行く時など、ちょっとした外出でも日焼け止めなどで紫外線から肌を守りましょう。

紫外線が強く汗をかきやすい春~夏は、帽子や日傘、UVカット加工の洋服などの併用がおすすめです。

肌のターンオーバーをスムーズに

過剰に生成されたメラニンは、ターンオーバーによって垢(あか)とともに剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーのサイクルは約28日間といわれています。
年齢を重ねるにつれてサイクルは遅くなっていきますが、以下のような要因によっても遅くなります。

肌の乾燥
睡眠不足
ダイエットや偏食による栄養不足
紫外線
間違ったスキンケアの方法

ターンオーバーの乱れは、メラニンが排出されず蓄積してしまう原因に。生活習慣の改善など自分で出来ることから見直していきましょう。

 

シミ・そばかす予防に効果的な化粧品は?

シミ・そばかす予防に欠かせないアイテムといえば、美白化粧品や日焼け止めですよね。選び方や使い方のコツを抑えて、シミ・そばかすを「目立たせない、作らない、増やさない」ようにしましょう^^

日焼け止め
紫外線をカットする効果の目安は、PAとSPFによって表示されています。

PA
UV-Aを防ぐ目安となる指数。+(ワンプラス)から++++(フォープラス)の4段階でレベルを表し、プラスの数が多いほどUV-Aに対する防御効果が高いことを意味しています。

SPF
UV-Bを防ぐ目安となる指数。1~50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。数値が大きくなるほど、UV-B波に対する防御効果が高いことを意味します。

日焼け止めのSPFとPAは、使用する季節や場所によって選ぶことがポイントです。

数値が高ければ紫外線のカットも期待できますが、肌に負担をかけずに十分な予防ケアができることを知っておくとよいでしょう。

例えば、
SPF20・PA++
散歩や買い物、通勤程度

SPF30・PA+++
屋外での軽いスポーツやレジャー

SPF50+・PA++++
炎天下でのレジャーやマリンスポーツ、ウインタースポーツ

といったように季節や場所によって選ぶとよいでしょう。

日焼け止めの効果的な塗り方って?

「顏」に塗布する場合
1. 手のひらに適量をとり、両ほお、額、鼻、あごの5カ所に置きます。
2. 面積の広いほお、額からなじませていきます。指の腹を使って、やさしくなじませましょう。
3.鼻、口の周り、フェイスライン、目の周りにもていねいになじませます。顔の中心から外側に向かって、なじませる手を顔の丸みにフィットさせゆっくりと顔のすみずみまでていねいに。
4. 顔全体になじませたら、日焼け止めをもう一度とり、重ねづけすると効果的です。

「首」に塗布する場合
手のひらに適量を取り、手のひら全体を使って下から上へとなじませます。首の後ろは下を向き、皮ふをのばすと塗りやすくなりますよ。

「腕・足」に塗布するの場合
1. 日焼け止めを肌の上に直接線状に取り出します。
2. 手のひらを使い、大きくぐるぐると円を描くようにやさしく全体にのばしていきます。
3. 身体のわきや側面、手や足の甲、ひざ・ひざ裏は塗り残しがちなので、忘れずに塗りましょう。

また日焼け止めは、1~2時間おきに塗り直すのが効果的。汗をかいた時やタオルで拭いた時など、状況に応じて塗り直すことが大切です。

時間がない時は、UVカット効果のあるパウダーファンデーションやパウダーなどで、メイク直しするのがおすすめです。

シミウス口コミ

 

シミってどうやってできるの?改善方法のすすめ

シミの原因と3つの改善方法

漢方の角度からみるシミの原因

漢方では「女性は7刻み」と女性が生まれてから初潮を迎え、成熟し老化を迎える過程を7刻みの年齢で考えています。老化が始まる「ターニングポイント」は、「7×5」の35歳前後とされています。カラダの衰えを感じ始めるこの時期までの過ごし方が、その後の健康状態を決めると言っても良いでしょう。

漢方では、人の体は水、血、気の3つの要素がバランス良くあると健康な体が保つことができると考えられています。

シミは、3つの要素のうちの血が大きく影響されています。

シミができやすくなるのは、この血のめぐり(血行)が順調に行われないためにできやすくなるといわれています。

なので、血行を良くすることで肌の表面までとどくことで美肌を保つことができます。


シミが気になる方におすすめの3つの対策

シミを防ぐために血行がポイントと上記では説明いたしました。
ここでは血行をメインにシミが気になる30~40代女性におすすめしたい3つの対策についてご紹介します。

対策① ホルモンバランスを整えて血行促進

忙しい生活でカラダに負担をかけていませんか?女性のカラダは疲労によって血行不良になりす。

血のめぐりが悪いと

「顔色が暗い」「生理痛がひどく経血に塊が多い」「目の周りのクマが目立つ」「舌の色が黒っぽい」そんな不調が見られる場合には「血」の巡りが悪い可能性が考えられます。

漢方では「血」の巡りが悪く婦人科トラブルが見られる場合、上唇やあご部分を中心にシミが現れやすくなると言われています。

冷えやストレスは疲労“シミ”の大敵!

毎月の生理期やその前後や産後はホルモンバランスの変化で女性のカラダはデリケートになります。

少しの変化に弱く、普段よりカラダの不調が現れやすくなるこの時期は、特に「冷え」「疲労」や「ストレス」は大敵です。

ゆっくり心とカラダを休める時間を作って疲労やストレスを溜めないようにしましょう。

そして、温かく消化の良い食事をとるように心がけて腰回り、お腹や下半身を中心に冷やさないように気をつていきます。

自分自身でカラダを触ってみたときに冷たく感じる部分は、特に意識的に温めましょう。

カイロや腹巻き、厚めの靴下など防寒グッズを利用するのもおすすめです。

もっと巡りを良くするためには、太陽と仲良く!
太陽の光を浴びない生活、運動不足が続くと、カラダが冷えて新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーにも問題が。顔の血色が悪くなる、シミやニキビ、吹き出物といったお肌のトラブルが現れやすく、修復しにくくなります。

紫外線からお肌を守るため、お日様を浴びない生活が続いていませんか?昔から中国では太陽のリズムに合わせて生活することで、健康的な美しさを維持できると考えられてきました。太陽が顔を出して明るい時間帯は、カラダも活動モード。日中は適度にカラダを動かして太陽光を浴びることが大切です。お日様のリズムを意識して生活してみましょう。

「生理の周期が乱れている」「生理痛がひどい」「生理前のイライラが強い」等、生理のトラブルや様々な更年期症状に悩まされている人はホルモンバランスが崩れていることが「シミ」の根本的な原因となっている場合もあります。

女性のカラダはとてもデリケート。不調を見逃さず、ホルモンバランスを整えて「血」を巡らせましょう。

漢方薬ならシミができやすい方におすすめの「桂枝茯苓丸料加薏苡仁(けいしぶくりょうがんりょうかよくいにん)」があります。「血」の巡りを良くすることで、しみ、生理不順などを改善します。

対策② ストレスを解消して「気」を巡らせよう
漢方では、ストレスによって「気」の巡りが悪くなることで「血」の巡りも悪くなると考えています。中国の五行思想によると私たちが感じる強いストレスは、剪定されずに生い茂った木枝に例えられます。積み重なったストレスはカラダに生じる「火」に例えられ、炎上してカラダの最上部にある顔面部の美容トラブルを引き起こしやすいと考えられています。ふと鏡を見たときに、険しい表情をしていたり眉間にシワが寄ったりしていませんか?

「気」が滞るとみられる不調
偏頭痛、便秘、生理前のPMS症状、肩こり等の不調も「気」の巡りが悪いことで起こりやすい症状です。漢方では「気」の巡りが悪くなることでシミと同時に額やこめかみ、鼻筋部分を中心にシミが現れやすくなると考えています。

「笑い」の時間を取り入れよう
シミに悩みやすい30〜40代の女性は仕事や家事、子育て、介護など慌ただしい日々を送る人も多いでしょう。普段頑張っている自分を褒めてあげていますか?昔から中国では「悲しみ」の感情は「気」の巡りを悪くすると考えられてきました。強いストレスを感じた時、喉元や胸に詰まった感覚がある、呼吸がスムーズにいかない…それは気の巡りが悪くなっていることを意味しています。思いっきり笑う、大声を出す…日常に「笑い」の時間を増やすことで、マイナスの感情を吹き飛ばして「気」をカラダの隅々まで巡らせましょう。

対策③ 胃腸の働きを強化して「水」を巡らせよう
漢方の考えでは、胃腸は「食物の消化吸収」に関わり、食べたものからエネルギーを作り出す工場のような役割をしているのと同時に水分代謝に関わるとされています。胃腸のダメージによって、カラダの水分代謝が悪くなる結果、「血」の巡りも停滞させるので、お肌は血行不良や栄養不足の状態に。

食べて「水」の巡りを良く!おすすめの食材
暴飲暴食や偏食、夜遅い食事が続いていませんか?胃腸の負担を減らし「水」の巡りを良くするためにも、普段から旬の食材を中心に、栄養バランスや食事量に気をつけて生活しましょう。ハトムギや黒豆、あずきなど豆・雑穀類、冬瓜やカボチャ、キュウリなどの瓜類は「水」の巡りを良くする食材として昔から知られています。

「食生活や運動習慣を見直してみよう
噛むのが億劫、食事時間が限られている…そんな理由で、よく噛まずに呑み込んだりお茶で流し込んだりする人は要注意。せっかく食事内容に気をつけていても、このような食べ方では栄養効果が半減してしまいます。よく噛んで唾液を出すことで食物は十分に消化され、カラダのエネルギー源となります。

食生活や運動習慣を見直して、胃腸の働きを強化することで「水」の巡りを良くしましょう

シミができやすい体質ってあるの?

シミができやすい体質かチェック!

以下の項目にあなた自身がどのくらい該当するか、チェックしてみましょう。該当個数が多いほど、シミができやすい体質と考えられます。

☐どちからというとオイリー肌だ
☐首や肩がこりやすい
☐ニキビや吹き出物ができやすい
☐手先足先は冷えて顔はのぼせる
☐脚の静脈が目立つ
☐生理血に塊が出る時がある
☐生理痛がひどい・生理不順
☐舌や唇、歯茎の色が紫色になる
☐しみやそばかすが気になる
☐あざができやすい

漢方では“カラダの全体に栄養を与え、老廃物を回収するもの”を「血(けつ)」といいます。シミはカラダの内側に主な原因がある肌トラブルのひとつで、漢方では、“血の巡りが滞ること”が大きく関わっていると考えられています。

漢方では、血の巡りが滞る体質を「瘀血体質」と呼んでいます。

血がカラダの隅々まで巡ることで、全身にくまなく栄養が届けられ、その栄養をもとにカラダに必要なありとあらゆるものが作られると考えられてきました。

肌も同様で、血がしっかり巡ることで栄養が安定供給され、新しい元気な細胞を作ることができ、そのお陰で肌の生まれ変わりであるターンオーバーも正常化し、健康で美しい肌を保つことができます。

もし、この血の巡りが滞ると、カラダの末端にある肌には、特に届きにくくなります。肌の栄養が不足し、ターンオーバーは遅くなります。

本来であれば、できてしまったシミは、ターンオーバーにより肌表面へ押し上げられ古い角質と共に剥がれ落ちることで新しいキレイな肌へと生まれ変わるのですが、血の巡りが滞るとそれもうまくいかなくなり、シミが沈着する原因となります。

また、血は同時に、全身を巡りながらカラダのあちこちに溜まった不要な老廃物を回収する役割も果たしていると考えられています。

シミの原因になる黒色色素であるメラニンも、血によって排泄されることでシミになるのを防いでいるのですが、血の巡りが滞るとそうはいきません。肌にメラニンが蓄積しやすくなり、シミを作る原因になってしまうのです。シミ対策には「瘀血体質」を改善することがとても大切という訳なのです。

シミだけじゃない!瘀血体質が引き起こすカラダトラブル
瘀血体質は、シミだけではなく、にきびや肌荒れなどの他の肌トラブルを引き起こす原因にもなります。また、それだけではなく、チェック項目のように、漢方では瘀血体質を放っておくと、頭痛や肩こり、冷えなど女性の代表的な悩みや、生理痛や生理不順、更年期症状など婦人科系疾患にもなりやすくなると考えられています。