シミのタイプ別の原因や効果的な予防対策とは?

どうにかしたいシミ・そばかす!タイプ別の原因と効果的な予防対策とは?

 

シミやそばかすって鏡を見るたびに気なったりしますよね。
「これ以上、増えたり目立ったりしないかしら?」なんて考えると不安になってしまうもの。シミやそばかすの改善対策はそう思ったら始めるのが大切です。お手入れの方法や効果的にな食事も合わせてお伝えします。

シミとそばかすって何が違うの?

シミが目立ってきている部分は、紫外線を浴びたメラノサイトがメラニンを過剰生成している状態です。
メラニンは本来、紫外線やさまざまな刺激から細胞を守るために産生されます。従ってメラニンは人間にとってなくてはならない大切なものです。
しかし、何らかの原因で肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)がスムーズにいかなくなり、過剰に作られたメラニンは、ケラチノサイトに滞留すると、色素が沈着し、シミとなります。

ひとくくりにされがちなシミ・そばかすですが、実は異なるものだとご存知でしたか?

またシミにはいくつかのタイプがあり、それぞれ原因も違います。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミの中では比較的多く見られるのがこのタイプです。
直径0.02mm~数cmくらいの大きさで、円状の形が特徴。紫外線に当たりやすい、ほお骨の上や手の甲、腕や肩などに多く見られます。

40代以降に現れることが多いシミですが、紫外線を長年浴び続けてきた人ほどできやすいため、年齢を問わず紫外線対策は欠かせません。また紫外線を浴びると、さらにシミが増えたり濃くなったりします。

肝斑(かんぱん)

30代~40代の女性に多く見られるシミです。
ほほやおでこ周りなどに左右対称に現れ、広範囲に及ぶのが特徴です。

女性ホルモンの影響を受けやすいため、妊娠中に現れることがあります。

また紫外線を浴びるとシミが濃くなったり、範囲が広がったりする場合があります。

そばかす

正式名には「雀卵斑(じゃくらんはん)」といい、遺伝的な要素でできるものを指します。
10mm以下の小さなシミが、鼻の周りを中心に散らばるように現れます。2歳ごろから現れますが、年齢とともに目立たなくなっていくのが特徴。ただし、強い紫外線を浴びると濃くなる場合があります。

シミやそばかすを防ぐ方法は?

常日頃から紫外線を浴びないように日傘やUVカットの洋服やUVケアをして予防することが最も大切です。

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、とくに注意したいのはUV-Aです。

雲や窓ガラスなども通り抜けてしまうため、室内にいる時や曇りの日など、日常生活で気づかぬうちに浴びてしまいがち。(恐ろしいですね^^:)

また肌の深部まで到達してしまうので、肌の弾力やハリを作るためのコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるため、シミだけでなくシワやたるみの原因になります。

UV-Bは肌の表面に強く作用する紫外線です。紫外線の強い夏時期などに時期に大量に浴びると、やけどをしたように肌を赤く炎症させて乾燥の原因にもなります。

天気や季節によって紫外線の強さはありますが、紫外線が降り注がない日はありません。

洗濯物を干す時や近所のコンビニに行く時など、ちょっとした外出でも日焼け止めなどで紫外線から肌を守りましょう。

紫外線が強く汗をかきやすい春~夏は、帽子や日傘、UVカット加工の洋服などの併用がおすすめです。

肌のターンオーバーをスムーズに

過剰に生成されたメラニンは、ターンオーバーによって垢(あか)とともに剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーのサイクルは約28日間といわれています。
年齢を重ねるにつれてサイクルは遅くなっていきますが、以下のような要因によっても遅くなります。

肌の乾燥
睡眠不足
ダイエットや偏食による栄養不足
紫外線
間違ったスキンケアの方法

ターンオーバーの乱れは、メラニンが排出されず蓄積してしまう原因に。生活習慣の改善など自分で出来ることから見直していきましょう。

 

シミ・そばかす予防に効果的な化粧品は?

シミ・そばかす予防に欠かせないアイテムといえば、美白化粧品や日焼け止めですよね。選び方や使い方のコツを抑えて、シミ・そばかすを「目立たせない、作らない、増やさない」ようにしましょう^^

日焼け止め
紫外線をカットする効果の目安は、PAとSPFによって表示されています。

PA
UV-Aを防ぐ目安となる指数。+(ワンプラス)から++++(フォープラス)の4段階でレベルを表し、プラスの数が多いほどUV-Aに対する防御効果が高いことを意味しています。

SPF
UV-Bを防ぐ目安となる指数。1~50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。数値が大きくなるほど、UV-B波に対する防御効果が高いことを意味します。

日焼け止めのSPFとPAは、使用する季節や場所によって選ぶことがポイントです。

数値が高ければ紫外線のカットも期待できますが、肌に負担をかけずに十分な予防ケアができることを知っておくとよいでしょう。

例えば、
SPF20・PA++
散歩や買い物、通勤程度

SPF30・PA+++
屋外での軽いスポーツやレジャー

SPF50+・PA++++
炎天下でのレジャーやマリンスポーツ、ウインタースポーツ

といったように季節や場所によって選ぶとよいでしょう。

日焼け止めの効果的な塗り方って?

「顏」に塗布する場合
1. 手のひらに適量をとり、両ほお、額、鼻、あごの5カ所に置きます。
2. 面積の広いほお、額からなじませていきます。指の腹を使って、やさしくなじませましょう。
3.鼻、口の周り、フェイスライン、目の周りにもていねいになじませます。顔の中心から外側に向かって、なじませる手を顔の丸みにフィットさせゆっくりと顔のすみずみまでていねいに。
4. 顔全体になじませたら、日焼け止めをもう一度とり、重ねづけすると効果的です。

「首」に塗布する場合
手のひらに適量を取り、手のひら全体を使って下から上へとなじませます。首の後ろは下を向き、皮ふをのばすと塗りやすくなりますよ。

「腕・足」に塗布するの場合
1. 日焼け止めを肌の上に直接線状に取り出します。
2. 手のひらを使い、大きくぐるぐると円を描くようにやさしく全体にのばしていきます。
3. 身体のわきや側面、手や足の甲、ひざ・ひざ裏は塗り残しがちなので、忘れずに塗りましょう。

また日焼け止めは、1~2時間おきに塗り直すのが効果的。汗をかいた時やタオルで拭いた時など、状況に応じて塗り直すことが大切です。

時間がない時は、UVカット効果のあるパウダーファンデーションやパウダーなどで、メイク直しするのがおすすめです。

シミウス口コミ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です